【CART第2戦 決勝】中野初ポイント、高木はトヨタの逆転優勝を阻むクラッシュ | レスポンス(Response.jp)

【CART第2戦 決勝】中野初ポイント、高木はトヨタの逆転優勝を阻むクラッシュ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2001年CART「FedExチャンピオンシップ」シリーズの第2戦は、カリフォルニア州ロングビーチに仮設されたストリートコースで開催された。ロングビーチでのCARTは今や米国西海岸で最大のスポーツイベント。8日に行われた決勝レースにおいて、ターボV8勢のエリオ・カストロネベスがポールポジションからホールショットを決め優勝、自己通算4勝目を飾った。

2位はレースを通じて執拗にカストロネベスに迫った、トヨタ・エンジンのクリスティアーノ・ダマッタ。残り7周の75周目にやはりトヨタ・エンジンの高木虎之介がタイヤバリアに衝突、イエローコーションとなりダマッタの追撃はここまで。高木もこれでリタイヤ。

予選23位の中野信治は、決勝では60周目に12位まで順位を上げ、今季初めてのポイントを獲得した。ロングビーチはアメリカン・ホンダ本社からクルマで20分ほどの距離にある、ホンダの地元。カストロネベス以外にホンダ勢は5台がトップ10入り、マニュファクチャラーズ・ポイントでトップに立った。

●優勝したエリオ・カストロネベスのコメント:「序盤からかなり気分が乗っていたが、燃料計が動かなかったので燃費を控えめに走った。ここは燃費がキーとなることが分かっていたからね。とにかく、ポールトゥウィンと最速ラップ、そして最多リードラップとまさに言うことなしのレース」

●12位入賞の中野信治のコメント:「マシンの状態は良かったんですが、レース後半ではギアボックストラブルが出たため、思い切って前のクルマをパスできませんでした」

●高木虎之介のコメント:「ギアの入り具合が悪く、ブレーキも不調で、何回もスピンした。次戦テキサスはテストも行なってきたアクセル全開のオーバルコース。思う存分戦えると思う」
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品