【CART第1戦 決勝】高木虎之介「なんでこんなに簡単に抜けるのか」 | レスポンス(Response.jp)

【CART第1戦 決勝】高木虎之介「なんでこんなに簡単に抜けるのか」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2001年CART「FedExチャンピオンシップシリーズ」の開幕戦は、メキシコ・ヌエボ・レオン州モンテレイのフンディドラ・パーク内に設置された特設ロードコースで開催された。メキシコでのCART開催は、実に1981年以来。1位はトヨタ・エンジンのダマータ、2位はホンダ・エンジンのドフェラン。ホンダはトップ10に6名が入賞、トヨタは同じく3名という開幕戦となった。

高木虎之介(トヨタ)は22周目のイエローフラッグを利用して8位に躍進、一時は5位にまで上がる。ところが49周目ピットインの際にピットロード入り口でスピン、10位に後退、その順位でレースを終えるが、ルーキー・トップの成績だった。高木は「なんでこんなに簡単に抜けるのかと思うほど。スピンさえなければ満足の行くレースができた」と語る。

中野信治(ホンダ)は、39周目を走行中にザナルディと接触、遅れをとる。このアクシデントを含め計5回もピットインした中野は、それでも最後までレースを続行し、18位で終了。「色々な面で勉強になるレースでした。マシンの状態が良くなっていっただけに、ピットストップでのエンジンストールや、ザナルディとの接触は残念。スピードに関しては、トップグループに引けを取らなかった思います」とコメント。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品