【ジュネーブ・ショー2001続報】新型アウディ『A4』を見てきたよ | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブ・ショー2001続報】新型アウディ『A4』を見てきたよ

自動車 ニューモデル モーターショー

昨年10月に発表されたアウディ『A4』は、国際的な大舞台での展示はこのジュネーブ・モーターショーが初めてになる。小さな『A6』といった感じで、さすがに先代デビュー時のような新鮮さはないが、実物はそんなに悪いクルマではない。

ラインナップは、ガソリンエンジンが2.0リットル/131PS、1.8リットル/150PS、3.0リットルV6/220PS。ディーゼルが1.9リットル・ターボ/131PS、2.5リットルV6ターボ/179PSとなっている。

先代と比べて室内が拡大したことが特徴で、室内長+32mm、後席ニールーム(膝の前後スペース)+43mm、前席ヘッドルーム+15mm、同後席+14mm、前席エルボー高さ室内幅+17mm、同後席+29mmと、とくに後席のスペースが拡大している。

価格は、最上級のガソリンV6クワトロで約410万円。BMW『325xi』(192PS)とメルセデスベンツ『C270CDI』(170PS)がいずれも約400万円だから、アウディにとって有利な勝負だろう。『A4アバント』や『S4』『RS4』などについて、会場では具体的な発表時期は聞かれなかったが、あと1年ぐらいは現行の販売が継続されるような感触であった。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品