【ジュネーブ・ショー2001速報】『Xタイプ』シャシー、『モンデオ』をジャガーにする苦労話 | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブ・ショー2001速報】『Xタイプ』シャシー、『モンデオ』をジャガーにする苦労話

自動車 ニューモデル モーターショー

『Xタイプ』はジャガーにとってはじめてのモダンコンパクトカーであり、また横置きエンジンに4WDもいままでに経験がない。従って、いわゆるジャガーらしい走りと乗り心地を可能にしようとする段階で、シャシーエンジニアは数多くの問題にぶつかった。

フォード『モンデオ』のプラットフォームをベースに用いたことで、他のコンパクトサルーンよりも30%は頑丈だといわれるそのボディが、問題をいくらか軽減してくれた。おかげでサスペンションとタイヤは理想的な働きをする。

Xタイプのサスペンションはこれまでジャガーに用いられていた、レースカースタイルのダブルウィッシュボーンとは異なっている。フロントはマックファーソンストラット、リアはマルチリンクサスペンションだ。これらは4WDレイアウトおよびジャガー独自の希望を満たすべく、モンデオの設計から大幅に手が加えられている。

Xタイプに4WDを適用するのは容易ではなかった。特に、速度感応式の操舵力可変パワーステアリングを使用しながらジャガーふうの感触を実現するのに、エンジニアは最後まで苦労した。なかでも急加速時のトルクステア(ステアリングホイールの引っ張られるような感触)は問題だったが、フロントサスペンション・トップに独自のマウントを使用することで解決したとジャガーはいう。

サスペンションのセットアップは2種類ある。標準セットアップでは16インチのホイールに 205/55 サイズのタイヤ、スポーツタイプだと17インチのホイールに 225/45 タイヤ。ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステムを選べば、横滑りを事前にキャッチし、必要に応じてひとつもしくは複数のホイールにブレーキを作動させ、自動的に姿勢の修正を行ってくれる。

ブレーキは前後ともディスクで、アンチスキッド、そしてブレーキプレッシャーのフロント、リアホイールへのエレクトロニック配分システムは、すべてのXタイプに標準装備される。 
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品