【ジュネーブ・ショー2001速報】『Aクラス』はロング化でクラスアップ? | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブ・ショー2001速報】『Aクラス』はロング化でクラスアップ?

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツ・スタンドには一部で期待された新型『SL』の姿はなかったが、『Aクラス』のLWB=ロング・ホイールベースがニュースだ。170mm延長されて、これがすべて後席レッグルーム拡大にあてられた結果、ひとクラス上の快適性を実現した。

従来のAクラスの後席は乗員をハメ込むような乗車姿勢だった。LWBでは、足を伸ばせる、とまでは行かないが、小柄な人なら組み換えることも可能だ。大柄なドイツ人でも窮屈な感じはしない。また、これまで後席への乗り降りはややアクロバチックな印象だったが、ドアが広くなったことにより非常に楽になった。

具体的な数字をあげると、リアシートは前後111mmスライドさせることができ、いちばん前に位置したときにも標準仕様より後席レッグルームは60mm広い。またこのとき荷室容量は470リットルで、標準仕様より80リットルの増加である。標準ホイールベース車との価格差は同一トリムレベルで約10%増。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品