トヨタF1、新ドライバー加入でマクニッシュの立場は? | レスポンス(Response.jp)

トヨタF1、新ドライバー加入でマクニッシュの立場は?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トヨタF1、新ドライバー加入でマクニッシュの立場は?
  • トヨタF1、新ドライバー加入でマクニッシュの立場は?
  • トヨタF1、新ドライバー加入でマクニッシュの立場は?
3月23日のニューマシン発表会を控え、2002年からF1参戦するトヨタが新テストドライバーと契約を結んだことを発表した。

契約したのは19歳のオーストラリア人ドライバー、ライアン・ブリスコ。オーストラリアでは将来F1で活躍することを期待されている新人。

「とても興奮しているよ。突然のことで驚いているけれど、僕にとって大きなチャンスになる」と抱負を語った。

2001年をテストに費やし、2002年のF1デビューに備える予定のトヨタ。元ザウバ−のミカ・サロは2002年のシートを約束されているが、アラン・マクニッシュは契約期間が1年のため、来季の正ドライバーになれるかどうかまだ未定の状態。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品