【ジュネーブ・ショー2001速報】ピニンファリーナの新型ミッドシップスポーツは意外にも!? | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブ・ショー2001速報】ピニンファリーナの新型ミッドシップスポーツは意外にも!?

自動車 ニューモデル モーターショー

ジュネーブショーでピニンファリーナは『オゼ』という新型スポーツカーを出品してきた。シトロエンのV6・3000ccエンジンをミッドシップで搭載する3人乗りのスポーツカーで、後方視界のないスーパーカー的なエクステリアをもっているが、このクルマの特徴はスーパーカーというには程遠いほど小さいことである。

全幅こそ1890mmとフェラーリ『テスタロッサ』並だが、全長は4150mmとかなり短い。会場で実際に見るとその小ささをより実感できる。エンジンのスペックも最高出力194ps、最大トルク27.2kmとそれほどびっくりする数字でもない。

だが、内装は横1列に3人が並ぶレイアウトで中心に座る人間が運転するものだ。これはマクラーレン『F1』のようなフォーミュラーカー的感覚で運転ができることを予感させる。

また、乗り降りはドアなんてケチなことは言わない。キャノピー全体がフロントウィンドウの付け根あたりを軸に大きく90度に開く構造だ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品