『カローラ・ランクス/アレックス』が目標の5倍を達成。どっちが人気? | レスポンス(Response.jp)

『カローラ・ランクス/アレックス』が目標の5倍を達成。どっちが人気?

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は28日、『カローラ・ランクス/アレックス』の発売後1カ月の受注台数を発表し、当初の目標の5倍にあたる2万台に達したと明らかにした。

ランクス/アレックスは『カローラ』をベースとした2ボックス車で、フロントグリルのデザインを変えただけの兄弟車。ランクスをカローラ店が、アレックスをネッツ店が販売している。

カローラセダンの派生車的位置づけで、月販目標はそれぞれ2000台としていたものの、発売後は予想以上の好評により、2月25日までの1カ月間にランクスが1万700台、アレックスが9300台を受注したという。

ランクス/アレックスはいわば、従来のハッチバックタイプ車だが、ミニバンやSUVタイプの新型車が多いなかで、かえって新鮮さが光ったようだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品