【ホンダF1ストーキング】パニスいわく、「メルセデスエンジンとくらべて・・・」 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】パニスいわく、「メルセデスエンジンとくらべて・・・」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

今年はBARとジョーダンへの2チーム供給となったホンダのエンジンだが、会見の様子を見るかぎり、エンジンに対する感想にはチームによってかなりの温度差があるようだ。

BARは昨年もホンダエンジンを使っており、特性を把握していることから、ドライバー、オーナー共にある意味では余裕な発言が目立った。昨年、マクラーレンのテストドライバーを務めていたオリビエ・パニスには「メルセデスエンジンと比較して何が違うか?」という質問も寄せられたが、それに対しては「まだまだ向上させるべき点は確かにある。しかしパフォーマンスは上々だ」という前向きな回答をしている。

昨年は同じホンダでも“無限”のマークが付いたエンジンを使っていたジョーダンだが、昨年は辛酸をなめさせられただけに、エディ・ジョーダンのコメントもどこか慎重さを感じさせるものだった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品