スバル『フォレスター』がフィリピン上陸、GMのワールド戦略 | レスポンス(Response.jp)

スバル『フォレスター』がフィリピン上陸、GMのワールド戦略

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業は19日、GM(ゼネラル・モーターズ)がアジアで展開している販売網の「GMオートワールド」を通じて、小型SUV『フォレスター』をフィリピン国内で春から販売することを明らかにした。

GMオートワールドは、GMがアジア地区で展開している販売網で、フィリピン以外にもインドネシア、台湾、韓国、日本の5カ国に拠点があり、日本国内ではシボレーブランドや、年内で撤退が決まっているサターンブランドを販売している。

フィリピンでは、GMグループのシボレー、オペル、スズキなどの小型車が販売されているが、そこにフォレスターが新たにラインナップされることになった。GMがスバル車の販売を手掛けるのは、昨年4月に資本提携関係が締結されて以後、初めてのケースとなり、具体的な事業協力が動き出すことになった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品