【ホンダF1ストーキング】BARがエンジン耐久性に自信、という理由 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】BARがエンジン耐久性に自信、という理由

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

南アフリカのキャラミで行われていた合同テスト最終日(13日)、この日も午前中から30度を超す暑さのなか、BARホンダのオリビエ・パニスとウイリアムズの2ドライバーがテストをおこなった。

トップタイムを記録したのはラルフ・シューマッハだったが、約0.3秒差のタイムを出したパニスは灼熱の暑さの中90ラップを超える周回数を重ね、BAR003の耐久性を確認。ホンダのレ−スエンジニアである高橋正は「天気のおかげで長い距離を走ることができ、エンジンの耐久性を確認することができた。3月4日のメルボルンに向けて自分達のエンジンに大いに自信を持った」とコメント。

BARホンダは来週バルセロナかシルバーストーンで調整を行ったあと、2月の最終週にオーストラリアに向けて出発する。

順位ドライバー
/チーム
タイヤ
※1
タイム
※2
周回
1R. シューマッハ
/ウイリアムズ
M1'19''99654
2パニス
/BARホンダ
B1'20''33092
3モントーヤ
/ウイリアムズ
M1'21''01041

※1:B=ブリヂストン、M=ミシュラン 
※2:合同テストのため、オフィシャルタイムは発表されず、タイムはあくまでも参考。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品