【決着 三菱クレーム隠し事件】河添元社長の責任は…なぜか不問 | レスポンス(Response.jp)

【決着 三菱クレーム隠し事件】河添元社長の責任は…なぜか不問

自動車 社会 社会

三菱自動車のクレーム隠し事件で、警視庁は河添克彦前社長(現相談役)の立件を見送った。

河添前社長は、リコール不正事件発覚後の記者会見で「社内でリコール件数を少なくしたいという意識が働いていたようだ」としながらも、クレーム情報を二重処理して隠ぺいしていた事実を把握していたことや指示については一切否定していた。警視庁の事情聴取でも、そのように答えていたが、警視庁では法人の代表者としての責任は認めたが、クレーム隠しの関与は薄いと判断、立件を見送った。

もし、河添社長を立件した場合、クレーム情報隠しを行なっていた歴代の社長中村前社長や舘前社長も追求しなければならず、大きく混乱することから、立件を見送ったようだ。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品