シューマッハは貫禄・完璧、マクラーレンはエンジンブロー | レスポンス(Response.jp)

シューマッハは貫禄・完璧、マクラーレンはエンジンブロー

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

5チーム6ドライバーが参加しているバルセロナ合同テスト、24日は王者ミハエル・シューマッハが貫禄のトップタイムを記録した。シューマッハにとって2日目となるこの日は、9時10分から昨日の作業を継続した。

テストチーム・マネージャーのルイジ・マッツォーラは「今日はたくさんの作業をこなすことができた。特にタイヤと電気系統に重点を置いた。シューマッハは450km近く走り込んだが、テクニカルな問題は微塵もなかった。つまりシューマッハの調子が完璧であるということ。バリケロやバドエルが試したタイヤの最終確認もできた」とエースドライバーとの充実したテスト内容を振り返った。

一方のマクラーレンはエンジンの不調に苦しんでいる。日曜日から開始したテストですでに2度のエンジンブロー。この日もアレクサンダー・ブルツの乗るメルセデスベンツV10エンジンがブローし、赤旗中断。2番手のタイムを記録したデビッド・クルサードも「ちょっとしたギアボックストラブル」に悩まされた。来月7日にニューマシン発表会を控えたマクラーレンは信頼性を回復させるため、急ピッチの作業に負われている。

順位ドライバー/チームタイヤ
※1
タイム※2順位
1シューマッハ/フェラーリB1'21''17495
2クルサード/マクラーレンB1'21''70064
3ブルツ/マクラーレンB1'21''79843
4フェルスタッペン/アロウズB1'22''38062
5トゥルーリ/ジョーダン・ホンダB1'22''61935
6マッツァカーネ/プロストM1'24''64043
※1:B=ブレヂストン、M=ミシュラン
※2:合同テストのため、オフィシャルタイムは発表されず、タイムはあくまでも参考。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品