【オートサロン2001速報】Mine's『GT-R』品質感の源泉は? | レスポンス(Response.jp)

【オートサロン2001速報】Mine's『GT-R』品質感の源泉は?

自動車 ニューモデル モーターショー

ハイパワーながら日常のドライブにも充分使えるという質の高いチューニングで知られるMine's(マインズ)は、第2ホールの北口を入って左手にブースを構える。

目玉は『R34GT-R』。「パワーはあえて600ps程度に抑え、レスポンスの向上を狙いました」とは同社チューナーの弁。排気タービンはHKS2530をチョイス。ECU、大容量インジェクタ、新開発ハイリフトカム「ショアー」などで武装。

驚きなのは、エンジン内部まで徹底的に手が入れられていること。コンロッドを延長し、ピストンピンをノーマルよりヘッドに近づけることで、排気量はそのままに、高回転時のピストンのブレを抑えている。こうしたリファインが、ノーマルとは比較にならないほどの品質感の源泉となっている。

ショックアブソーバーには、これだけでサーキットでのラップタイムが1秒は縮まるという英ダイナミック社のサブタンク付きタイプ、ブレーキには航空機やF1用ブレーキで有名なAPロッキード製が装着される。控えめなカーボン製エアロからは想像できない強烈なパフォーマンスを誇る1台だ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品