【パリ〜ダカールラリー】篠塚を襲ったなぞのトラブル | レスポンス(Response.jp)

【パリ〜ダカールラリー】篠塚を襲ったなぞのトラブル

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

パリ〜ダカールラリーは8日、第8レグ(総走行距離628km、SS619km)を行い、モロッコのスマラを出てモーリタニアに入り、エル・ガラウイヤに到達した。今大会最長のSSで、チーム日石三菱ラリーアートの増岡浩はSS2位、総合3位をキープ。三菱勢が総合2位〜5位を占めた。

この日のコースはアトラス山脈を離れてサハラ内部へと南下していく。モーリタニアに入ったあたりから砂漠は細かい砂になり、中盤以降は砂漠の連続する忍耐を強いられる単調なドライビング。終盤はタイヤをとられるような柔らかい砂地が点在し、シュレッサーがスタックした。

増岡は依然好調。「最初の90kmほどはツイスティーなグラベルでテクニカルなコースだったが、後はただ速いだけのようなところがあった。最後はセルビアとの競走になったが、彼が速いとは思わない。私も最高速では負けない。ライバルのワンミスで追い付ける差だ」

篠塚建次郎は電気系統のトラブルで総合12位と苦しい状況。言葉の少ない篠塚に代わってナビのギャラガーが説明した。「原因は分からないがエンジンが止まった。ヒューズを取り替えてなんとか動いたけれども、1時間30分ロスしてしまった」
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品