【ホンダF1ストーキング】トラブル発生もテストは満足のBAR | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】トラブル発生もテストは満足のBAR

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2000年テストの最終日(20日)に、初めてレギュラードライバーが顔をそろえたBAR。残念ながらテスト後半は、オリビエ・パニスがクラッシュし、ジャック・ビルヌーブがギヤボックスのトラブルに苦しむなど、アクシデントも発生した。

が、チームはテストの内容に満足だという。テスト・チームマネージャーのアンドリュー・アルスワースは次のようにコメントした。「テストはすごくポジティブなものだったし、一年の締めくくりにふさわしい出来だ」

「オリビエは前回ヘレスのテストからいい形をキープしてくれた。二つのテストともに効率のいい作業ができた。チームもドライバーもよく頑張ってくれた。スケジュール通りに進んでいるし、雰囲気もものすごくポジティブ。2001シーズンに向けていいスタートになった」
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品