ブリヂストン業績大幅悪化、ファイアストンの影響をモロに受け…… | レスポンス(Response.jp)

ブリヂストン業績大幅悪化、ファイアストンの影響をモロに受け……

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは14日、2000年12月期決算の連結業績予想を発表し、ファイアストン関連のリコール費用や損害賠償分を特別損失として計上した結果、当期の純利益が130億円になると発表を行った。

これは当初予測より540億円のマイナスで、昨年同期の実績である886億円と比較した場合には、大幅な下落となる。

原因として挙げられるのは、ファイアストン関連のリコール費用で、この部分で802億円近い特別損失を計上したため。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品