ニ大帝国に危機?! チームの頭脳が次々離脱 | レスポンス(Response.jp)

ニ大帝国に危機?! チームの頭脳が次々離脱

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ここ数年他のチームを寄せつけない強さを発揮している2強、フェラーリとマクラーレン。しかし今年のシーズンオフ、チームの中枢を担うスタッフが次々と他チームへの移籍を決定しており、来シーズンへの先行きが心配されている。

ディフェンディング・チャンピオンとなるフェラーリでは、チーフメカニックのナイジェル・ステップニーにジャガーが触手を伸ばしていることが判明。今シーズンのスペインGPでミハエル・シューマッハーがピットインした際に足を轢いてしまったことで有名になったステップニーは、間違いなく21年ぶりのタイトル獲得の立役者の一人だ。

一方のマクラーレンの状況はもっと深刻で、すでにプロスト移籍を発表したエアロダイナミクスのチーフエンジニア、アンリ・デュランを始め、ベネトン移籍が決定的と見られるレースエンジニアのパット・フライ、フェラーリ行きが噂されるエレクトロニクス・エンジニアのアントン・ストロバビッチなど、有力スタッフの移籍話は後を断たない。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品