【東京ショー2000 速報】環境へのアピールは今ひとつ? | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2000 速報】環境へのアピールは今ひとつ?

自動車 ニューモデル モーターショー

今回のモーターショーで事前の注目が高かったのは各社の開発した環境技術だ。ところがいざ開幕してみると目立つのは福祉車両ばかりで、肝心の環境技術のアピールは意外に少ないというのが実感だった。

そのような状況の中、今後の環境技術を語る上で必要不可欠なDPFを展示していたのは、トヨタ(ダイハツ・日野)、三菱、いすゞの3社のみ。アピールの強さもこの順番だ。

トヨタはナレーターコンパニオンが来場者にDPFの効果をきちんと説明しており、展示品にも近寄ることができ、照明も明るめ。いすゞは4トントラックのカットモデルを用意し、実車に取り付けた状態がわかりやすいのは良かったが、説明員の知識不足が目立った。価格や導入時期など、基本的なことについて何一つわからないというのはさすがに困る。いすゞはDPFについての小冊子を出すほどの会社なのでショーでも熱心かと思ったが、この点では期待外れだ。

記者個人の感想として楽しかったのは三菱。ここは説明員が詳しいというか、ある意味で非常にマニアックでうれしかった。展示してあったのは路線バス用のハイブリッドシステムで、ドイツ、シーメンス社製のインバータシステムを使っている理由など、かなり突っ込んだ質問をしてもテキパキと答えてくれた。

しかも「システムの音は最近の電車そのもので、バスなのに発進時に電車の音がします。でもIGBT(高速スイッチングトランジスタ)を使っているので歌いません(※)」というセリフには思わず吹き出してしまった。

※シーメンス社製のインバータユニットを使った電車(JR常磐線など)は、起動直後に「♪ドレミファソラシドシ〜」と、まるで歌うかのようなリズミカルな変調音を出す。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品