ブルツがマクラーレンのファクトリーで感激したこと | レスポンス(Response.jp)

ブルツがマクラーレンのファクトリーで感激したこと

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

元ベネトンのアレクサンダー・ブルツが膝の手術を前に、移籍先のマクラーレンのファクトリーを初訪問。テストドライバーとしての仕事にやりがいを感じたようだ。

「ファクトリー全体とシートのフィッティングについてたくさん学ぶことができたよ。高いレベルでの技術的ディスカッションもできたし。マクラーレンの組織が非常に高いレベルであることに感銘を受けたよ。12月から始まるテストセッションが楽しみだ」と感想を述べた。

また、元チームメイトでモナコでの隣人でもあるジャンカルロ・フィジケラについては「もし事がうまく運ばなければ、来シーズンはジャンカルロがナンバー2になる危険性がある。チームから100%のサポートがなければトップレベルのパフォーマンスをすることは容易じゃない。というより不可能に近いと思う。だからこそバトンと同様のサポートを受けられるように、精一杯プッシュしてほしい」とエールを送っていた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品