【CART第20戦 決勝】最終戦を見事に制したのは… | レスポンス(Response.jp)

【CART第20戦 決勝】最終戦を見事に制したのは…

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2000年CARTシリーズの最終戦「Marlboro 500」決勝レースが、10月29日、アメリカに戻りカリフォルニア州フォンタナのカリフォルニア・スピードウェイにおいて開催された。

当日は降雨確率が50%というコンディション。危険防止のためにスタートの時点までに雨が降っていれば順延なのだが、厚い雲に覆われるだけで水滴が落ちることはなく、予定通りにレースはスタートした。ポールポジションをキープしたのは、ドライバーズタイトルトップがリーチとなったジル・ドフェラン。スタート直後から飛ばしまくる。

23周目に6位のポール・トレイシーのマシンにメカニカルトラブルが発生。エンジンがストップしたあと、惰性でピットへ戻ろうとしたが、ピットレーンの入り口でストール。タイトル獲得の希望も夢と消える。その直後、空からは雨が落ち始めて、主催者はレース中断を決意。残り周回数を翌日に実施することとなった。

翌30日は快晴となり、午前10時に全車コースイン。6周まではイエローフラッグのまま、ウォームアップを兼ねた走行を行い、7周目(前日の続きとなる40周目)にレーススタートとなった。前日のピットでエンジンストールを喫し、18位までポジションを落としていたエリオ・カストロネベスが驚異的な追い上げを見せ、58周目にトップに浮上するも、226周目に不運にもメカニカルトラブルが発生してスピンし、クラッシュしてしまう。

優勝したのは自分のリズムをキープしたジル・ドフェラン。CART参戦7年目にして初のドイバーズ・チャンピオンの栄誉を受けた。

ドライバーズ・ポイントランキング

1:ジル・ド・フェラン 168

2:エイドリアン・フェルナンデス 158

3:ロベルト・モレノ 147

4:ケニー・ブラック 135

5:ポール・トレイシー 134

6:ジミー・バッサー 131

7:エリオ・カストロネベス 129

マニュファクチャラーズ・ポイントランキング

1:フォード・コスワース 335

2:ホンダ 313

3:トヨタ 275

4:メルセデス・ベンツ 74
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品