【東京ショー2000 速報】『クルーガーV』と『ハリアー』はこうちがう | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー2000 速報】『クルーガーV』と『ハリアー』はこうちがう

自動車 ニューモデル モーターショー

今回のモーターショーで公の場には初お目見えとなったトヨタの新型SUV『クルーガーV』。ねらいは「SUVの機能性と、高級車の乗り心地、静粛性の融合を目指した」というから、それだけ聞くと『ハリアー』とどう違うの?、という疑問が生じる。

全く異なる外観を持つこの2台、実はデザインの違いがそのまま性格の違いである。クルーガーVの開発を担当した第一開発センターチーフエンジニアの内本恒男氏にうかがってみた。

「スクエアなボディ、張り出したブリスターフェンダーなどでSUVらしさを出しています」 どうやらSUV色を濃くしたのが特徴のようだ。また、「グリルの縦線の太さがSUVの記号性を表しています」、「ハリアーのボディ色はツートーンでしたが、クルーガーVはモノトーンを採用しています」などの内本氏の解説が表すように、ハリアーに比べかたまり感のある力強いスタイルをクルーガーVはねらったようだ。

ハリアーに比べ、より実用的でアウトドア寄りな使い方をねらったデザインと言える。「ハリアーよりも若い方に乗っていただきたい」と内本氏は言っていたが、最近発表された日産『エクストレイル』、マツダ『トリビュート』と、カテゴリーこそ違えど、デザイン的にも使い方的にも同じ路線上にあるクルマといえる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品