ローバーの拠点はもういらない。BMWが工場も叩き売り!? | レスポンス(Response.jp)

ローバーの拠点はもういらない。BMWが工場も叩き売り!?

自動車 ビジネス 企業動向

BMWは今年5月、傘下に置いていたローバーをわずか10ポンド(現在のレートで約1570円)で、イギリスのフェニックスグループに売却しているが、それ以後も同社が保有していたローバー車向けのエンジンなどを生産していた工場についても、年内までに売却する方針であることが明らかになった。

対象となるのは、イギリスのロングブリッジなど2カ所にあるエンジンやトランスミッションなどの製造拠点。ここではローバー車用の部品のみを製造しており、設備の関係からBMW車向けの部品の製造が難しく、ローバーを売却した以上、同社としてこの工場を維持する必要もなくなったため、売却を決定した。この工場の売却が終了すると、BMWは全てのローバー事業から撤退することになる。

工場の資産価値は10億マルク(約470億円)で、ローバーを売却したフェニックスグループなどに買取を打診をしているものとみられる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品