【パリ・ショー速報 Vol. 23】何がやりたい?---楽しみなアウディ『ステッペンウォルフ』 | レスポンス(Response.jp)

【パリ・ショー速報 Vol. 23】何がやりたい?---楽しみなアウディ『ステッペンウォルフ』

自動車 ニューモデル モーターショー

コンパクトなオールラウンダー・コンセプトがアウディ『ステッペンウォルフ』だ。『TT』や『A3』と同じプラットフォームを用いているが、エンジンは3.2リットルV6、もちろん四輪駆動。ひとことでいって「TTベースのかさ上げSUV」だ。

さて、気になるのはアウディがステッペンウォルフを出した真意。『A6』ベースのやはりかさ上げSUV『オールロード・クワトロ』のプロモーションか、このショーでデビューした『TTハードトップ』のイメージリーダーか、『A3/S3』のてこ入れか。

『TT』、『オールロード・クワトロ』、『A2』など、最近のアウディ量産車はまずコンセプトカーでプレビューをはたしている。『ステッペンウォルフ』がパリサロンの賑やかしで終わるとは思えないし、思いたくない。エンジン出力は225PS、トルクは320Nm(32.6kgm)、0-100km/h加速が8秒以下、最高速度は230km/hと発表されている。ちなみにESP装備。

ただ誰もがアウディ・ブースで本当に見たかったのは『ローゼマイヤー』だったのだが、展示されていなかった。……なぜなんだ?!
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品