【パリ・ショー速報 Vol. 20】BMW『3シリーズ』ハードトップ・コンバーチブル……? | レスポンス(Response.jp)

【パリ・ショー速報 Vol. 20】BMW『3シリーズ』ハードトップ・コンバーチブル……?

自動車 ニューモデル モーターショー

【パリ・ショー速報 Vol. 20】BMW『3シリーズ』ハードトップ・コンバーチブル……?
  • 【パリ・ショー速報 Vol. 20】BMW『3シリーズ』ハードトップ・コンバーチブル……?
  • 【パリ・ショー速報 Vol. 20】BMW『3シリーズ』ハードトップ・コンバーチブル……?
  • 【パリ・ショー速報 Vol. 20】BMW『3シリーズ』ハードトップ・コンバーチブル……?
フランスのコーチビルダー、ウリエーズのブースに飾られていた、BMW『3シリーズ』をベースにしたハードトップ・コンバーチブルのスタディ。キドニーグリルではなく妙なグリルがついていたことからわかるように、ウリエーズの自主提案である。

同時にプジョー『206CC』が飾られていたのは、ウリエーズがこの折りたたみ式ハードトップを開発し、生産するからだ。そこで同じ技術を用いてBMWでもどうですか、と持ちかけたわけだ。

ウリエーズ(フランス語読みだと「ウーリエ」になりそうだが、会社のスタッフに確認)は、シトロエン『XM』や『エグザンティア』のブレク(ワゴン)、『サクソ』やプジョー『106』のEV仕様など派生車や、緊急自動車のボディを製作する、フランスでは大手かつ老舗のコーチビルダーだ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品