マツダ『トリビュート』、早くも映画に進出 | レスポンス(Response.jp)

マツダ『トリビュート』、早くも映画に進出

自動車 ビジネス 企業動向

マツダは、この秋に発売を予定している新SUV『トリビュート』の発売に合わせたティーザーキャンペーンとして、Webサイト「トリビュートリンク」を運営しているが、その一環として来春公開予定の映画に協賛するということを3日、明らかにした。

協賛する映画は、あの「踊る大走査線」を製作した本広克行監督の最新作「サトラレ〜TRIBUTE to a SAD GENIUS」で、劇中のワンシーンがトリビュートのCMでも使用される。トリビュートリンクによるコラボレーションは、ソニーミュージックエンタテイメント(SME)に所属するCHARAなどが手掛ける音楽分野、服飾大手のワールドが「タケオキクチ」ブランドで展開するアパレルに続き、今回の映画が第三弾となる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品