日本は不景気じゃなかったっけ? 『セルシオ』バカ売れ | レスポンス(Response.jp)

日本は不景気じゃなかったっけ? 『セルシオ』バカ売れ

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は3日、8月31日から発売を開始した新型『セルシオ』の発売後1カ月間の受注状況を発表した。それによると当初予定の月販目標2000台に対し、実際の受注はそれを大幅に上回る2万5000台で、なんと当初予定の12.5倍にも達してしまった。

購入者の年齢別内訳は、40歳未満…15%、40歳代…20%、50歳代…35%、60歳以上…30%となっており、先代などの旧タイプのセルシオからの代替が78%、他メーカーのラージクラスからが20%、輸入車からが2%となっている。

グレード別では一番高いC仕様(615〜730万円)が75%、B仕様が20%、廉価版のA仕様が5%だった。ボディーカラーは「ホワイトパール・クリスタルシャイン」が一番の人気で約50%、これにシルバーの20%、ブラックの10%が続く。

生産を行うトヨタの田原工場では来年3月までのスケジュールで土曜日の休日出勤を実施し、増産を行うというが、今から予約してもデリバリーされるのは来年4月ごろになるという。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品