1日に2度F1マシンに轢かれた男 | レスポンス(Response.jp)

1日に2度F1マシンに轢かれた男

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ピットレーンのメカニックが、チームのドライバー二人に轢かれてしまうという珍事がアメリカGPで起きた。

ガストン・マッツァカーネがピットインしたとき、おおむねトラックは乾いていたものの、ピット前はまだかなり濡れていた。おまけにアメリカGPのピットロード制限速度は時速120キロということもあり、ピットに入ってきたマッツァカーネは勢いあまってロリポップを持っていたチーフメカニックにぶつかってしまった。そして、その直後にピットインしたマルク・ジェネもなんと同じことをしてしまったのだ。幸いなことに骨折してしまったと思われたチーフメカニックも診断の結果、打撲傷のみとわかり、大事にはいたらなかった。

ちなみに二人とも口をそろえて「天気と制限速度のせい」にしているという。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品