日本が逆転でメダル独占!? JDパワーズのアンケートでの話 | レスポンス(Response.jp)

日本が逆転でメダル独占!? JDパワーズのアンケートでの話

自動車 社会 行政

JDパワ−・アンド・アソシエイツが毎年行っている自動車メーカーの品質管理調査、いわゆる「ジョブ・ワン」で、日本のメーカーがトップの評価を下されていることが明らかになった。これはオーナーが車を購入してから最初の3ヶ月間に不具合を発見してディーラーに修理、交換などを申し込む件数を比較調査したものだ。

前回の調査ではフォードのジャガー、GMのビュイックがそれぞれ1、2位となり、アメリカンメーカーの品質管理が向上したことを示した。しかし今回の金メダルはまたもや日本車に奪われることに。

1位にランク付けられたのはホンダのアキュラで、新車100台につきクレームの件数は合計91箇所。メーカー全体の平均が154箇所だからかなり低い数字だという。アキュラに続いて低い数字をマークしたのはトヨタレクサス(103箇所)、その次が日産インフィニティ(107ケ所)。

一方で前回ナンバーワンだったジャガーは10位に後退、2位だったビュイックも8位にランクされた。もしこれがオリンピックだったら日本が金、銀、銅独占という夢のような結果だ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

関連ニュース

特集

おすすめの商品