アンドレッティ、来シーズンからパワード・バイ・ホンダの一員に | レスポンス(Response.jp)

アンドレッティ、来シーズンからパワード・バイ・ホンダの一員に

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

チーム・モトローラは、マイケル・アンドレッティが、2003年までCART FedExチャンピオンシップにホンダ・ターボV8エンジンを搭載したチーム・モトローラのマシンで参戦する契約をしたと発表した。

このチーム・モトローラは、インディアナポリスのチーム・グリーンによって編成され、チーム・クール・グリーンとともに、3台目のマシンとしてメインテナスとサービスを受けることになる。チーム・モトローラは、チーム・グリーンのオーナー、バリー・グリーンが所有している。技術面では、チーム・クール・グリーンのテクニカル・パートナーシップを受ける。

今年、ツインリンクもてぎとトロントで、生涯優勝回数を39、40勝としたアンドレッティは、父(マリオ)が達成したチャンプカー・レース最多生涯優勝の52回の記録が見えてきた。そして、37歳のアンドレッティは、チ−ム・モトローラ在籍期間中に父親の記録を破ろうとしている。

●マイケル・アンドレッティのコメント
「モトローラのようなトップクラスのチームといっしょになれたことは素晴らしいことだ。モトローラ・ホンダ・レイナードを走らせるのは、モトローラの最先端のコミュニケーション技術とエレクトロニクステクノロジーを示す格好の場でもある。さらに、チーム・グリーン全員のサポートを受けられることもあり、サーキットの中でも外でも成功を収めることができるパートナーシップになると確信している。いうまでもなく、ホンダとともに働くこともエキサイティングなことだ。ホンダは、チャンプカーでも、F1でも、オートバイでも、自動車でも、際立った評判を獲得しており、そのホンダとついにいっしょに働くことができることは期待でいっぱいだ。」
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品