【東京ゲームショウ秋】まだまだあるぞ、話題のレースゲーム | レスポンス(Response.jp)

【東京ゲームショウ秋】まだまだあるぞ、話題のレースゲーム

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

24日までの日程で、千葉県の幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2000秋」には、全部で5作品のカーレース系ゲームが出展されている。『auto ASCII24』ではプレスデーの本日、取材を敢行! 一足先に各ゲームをプレイしてきた。

コーリン・マクレー ラリー2

イマジニアが発売を予定している「コーリン・マクレー ラリー2」は、パソコン用のレースゲームだ。処理の速いCPU、グラフィックボードを使ったとき、このゲームの素晴らしさが実感できるだろう。前作よりもゲーム性を増したのがポイントで、実際のWRCでは行われることがないが、アーケードゲームのようなレースバトルも本作から可能となった。コーリン・マクレーらしく、運転をミスして立ち木に激突したような場合、クルマが横転して数回転するのもポイント(!?)のひとつか。展示されているゲームは75%の完成度だというが、それを感じさせないほど滑らかに運転できた。発売が楽しみなゲームだ。

チョロQ

タカラの発売する「チョロQ」でレースをしてしまおうというゲーム。チョロQといえど、それはクルマの形がチョロQしているだけで、レース自体は他のゲームと変わらない。リアルさを求めるというより、多人数でわいわいとプレイすることを重視している。展示スペースの横には、ゲームに登場するクルマと同様のカラーに塗られたVW『ニュービートル』が置かれている。横には水着姿のキレイなお姉さんもいるので、カメラを持つ人は急げ!!

moto gp

最後はナムコが発売を予定している「moto gp」、タイトルからもわかるようにこれは四輪ではなく、二輪のゲームだ。ただし、ナメてかかってはいけない。プレイステーション2用に作られた本作品は、非常にリアル。コーナーの突っ込みなど、思わず「うわあああああ」と叫んでしまうほどの凄まじさがある。
《石田真一》

特集

おすすめの商品