下院議会でフォードとファイアストンの泥仕合再び? | レスポンス(Response.jp)

下院議会でフォードとファイアストンの泥仕合再び?

自動車 社会 社会

下院議会でフォードとファイアストンの泥仕合再び?
  • 下院議会でフォードとファイアストンの泥仕合再び?
アメリカ下院議会は18日、ファイアストン社製タイヤのリコール問題に関する公聴会を21日に再度開催することを決めた。前回の公聴会では、フォードとファイアストンのCEO同士が熾烈な責任転嫁合戦を繰り広げるに終始したが、次回の公聴会ではフォードが新たに提出した走行データを基に質疑応答が行われる予定だ。

前回の公聴会では、フォードのジャック・ナッサーCEOが「フォード『エクスプローラー』の事故はファイアストン社製タイヤのものに限られており、グッドイヤー製タイヤのものは事故を起こしていない」という発言を行っており、今回提出される資料はそれを裏付けるものになりそうだ。

なお、下院が出席を要請しているのは、ファイアストンの副社長、フォードの副社長、アメリカ運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)のベイリー局長などだ。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品