【シドニーへの道 Vol. 3】現地でレンタカー---道路事情解説 | レスポンス(Response.jp)

【シドニーへの道 Vol. 3】現地でレンタカー---道路事情解説

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

シドニー・オリンピック見学のために現地でレンタカーを手配している人もいるだろう。日本と同じ左側通行、右ハンドルで運転も楽だ。日本車や日本メーカーの現地生産車もある。そこでauto-ASCII24がオーストラリアの道路事情を解説しよう。

オーストラリアの道路の総延長は約81万4000km、自動車保有台数は約1223万5000台。人口は約1850万人だから、1人当りの道路延長は約440m、1人あたりの台数は約0.66台となる。これがどんな数字かというと、日本の道路総延長が約116万km、自動車保有台数が7483万6000台。人口が1億2557万人なので、同様に計算すると1人あたり9mの道路と0.60台のクルマ、となる。うーん。

ちなみにオーストラリアには約155万5000頭の羊がいて、日本には約1万7000頭がいる。オーストラリアには羊1頭あたり523mの道路があり、7.87台のクルマがある。日本の羊は1頭あたりなんと68km235mの道路と、4402台のクルマを使えることになる。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品