ジャガー新ドライバー「大事なのはチャンスをつかむこと」 | レスポンス(Response.jp)

ジャガー新ドライバー「大事なのはチャンスをつかむこと」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ジャガー新ドライバー「大事なのはチャンスをつかむこと」
  • ジャガー新ドライバー「大事なのはチャンスをつかむこと」
  • ジャガー新ドライバー「大事なのはチャンスをつかむこと」
ジャガー・レーシングは、2001年シーズン、エディ・アーバインのチームメイトとして25歳のブラジル人ドライバー、ルシアーノ・ブルティとの契約発表を行った。現在はチームのテストドライバーを務めるブルティは、今シーズンのオーストリアGPで腹痛のため欠場したアーバインの代役としてF1デビューを飾り、見事11位でフィニッシュした。

16歳でカートを初めて以来の夢だったF1ドライバーになることが決定したブルティは、「夢がかなってワクワクしている。でも大事なのは与えられたチャンスを掴むことで、チームを成功に導けるよう努力したい」と抱負を語った。

スチュワート・レーシング時代からの生え抜きのドライバーであるブルティは、デビュー戦で初めてのサーキットを信頼性の欠けるマシンで完走するなど、その実力は確かなよう。来年の活躍が楽しみだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品