ダイハツがデザイン部門と設計部門をひとつ屋根の下に集結 | レスポンス(Response.jp)

ダイハツがデザイン部門と設計部門をひとつ屋根の下に集結

自動車 ビジネス 企業動向

大阪府の池田市にダイハツ工業が建設を進めていたデザインセンターが完成し、1日に竣工式を行った。

この施設は1998年11月から建設を進めてきたもので、これまで分散していたデザイン部門と、設計部門を同一の建物内に集約し、デザイン部門と設計部門の交流が容易に行えるようにした。また、開発のデジタル化を進め、事業の効率化も併せて進めた。

敷地面積は3300平方メートル、延床面積1万2700平方メートルの5階建て。総工費は35億円で、本社工場に隣接している。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品