ヤナセ、「しがらみ」を捨ててアウディ販売 | レスポンス(Response.jp)

ヤナセ、「しがらみ」を捨ててアウディ販売

自動車 ビジネス 企業動向

ヤナセは来年1月からアウディ車販売に再参入する。東名阪を中心に11拠点の専売店を設ける見通しだ。ヤナセはVWアウディ社と対立して92年にアウディの輸入販売から撤退していた。

その後、VWアウディ車の代わりに販売を始めたオペル車は販売が伸び悩んでいる。ヤナセは過去のこだわりを捨て、得意の高級車販売で生き残りを目指すこととなった。ヤナセは内心、より多くの拠点新設を望んでいた模様だが「ディーラー募集に応募が殺到したアウディジャパンが強気な態度に出たことと、専売店増設の約束をしたベンツ(ダイムラークライスラー)の手前、あまり派手にできなかった」(関係者)という。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品