ファイアストン問題、リコール対象拡大も | レスポンス(Response.jp)

ファイアストン問題、リコール対象拡大も

自動車 社会 社会

アメリカ運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、ファイアストン社製タイヤのリコール問題について、追加の調査を行うことを明らかにした。

これはファイアストン社の元従業員の「製作工程から問題があった」という証言が相次いでいることから、今回リコールの対象となった以外の製品についても異常がないか、調査を強化するというもの。問題が確認された場合、メーカーにはリコールの拡大を命じることになる。

また、アメリカ議会の下院は日系の企業を含む主要な自動車メーカーに対しても、タイヤに関係するトラブルの報告がないかなど、調査の実施を依頼することになった。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品