車内コミュニケーションにクライスラーも参入 | レスポンス(Response.jp)

車内コミュニケーションにクライスラーも参入

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

現在GMの『オンスター』がリードしている自動車搭載型のコミュニケーション、ワイヤレスシステムだが、フォードが本格的な参入を発表、続いてクライスラーも2003年には同様のシステムを発足させることを発表した。

クライスラーでは新しいシステムを現存するメルセデス・ベンツの『テレ・エイドシステム(Eコール)』と連結させ、すべてのモデルに対応させる予定。まずはオプションとして全モデルに提供され、徐々に標準装備にしていくという。使用するためにはGMのオンスター、フォードの『ウィングキャスト』と同様に利用手続き費用がかかる。

これでビッグ3のすべてが独自のコミュニケーションシステムを持つことになり、今後はそのシェア、サ−ビス内容、費用などの競合が予想される。ただしホンダに続いてトヨタもオンスターの利用を検討中であり、後発のダイムラークライスラーはやや苦しい?
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品