中古車の販売台数が絶好調!? ---バブル期の余韻か | レスポンス(Response.jp)

中古車の販売台数が絶好調!? ---バブル期の余韻か

自動車 社会 社会

業界団体のまとめによると、今年7月の普通乗用車の中古車の販売台数が、統計の上で7月として過去最高になった。

新車販売で『オデッセイ』や『エスティマ』といったミニバンの売れ行きが絶好調だったり、セダンでも『クラウン』の販売が好調なことから、中古車にも良質な車が集まっているためだという。バブル期に売れた充実装備のお買い得な中古車が市場に出回っていることも、売れ行きに拍車をかけているらしい。

普通車にくらべて小型の中古車は品薄感が深刻になっている。メイン車種である『カローラ』や『シビック』などで新車の売れ行きが良くないため、中古市場に程度の良い車が回ってこないからだ。値段が安いからといって小型中古車を選ぶよりも、今なら普通車にした方が絶対にお得だ。
《編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品