山口県でVICS開始---カバー率は全国の2/3! | レスポンス(Response.jp)

山口県でVICS開始---カバー率は全国の2/3!

自動車 テクノロジー ITS

VICS情報を提供しているVICSセンターでは8月10日から山口県の主要一般道路で3メディア(光/電波ビーコン、FM多重放送)による道路情報の提供を解すると発表した。これで3メディアによるサービス提供エリアは22エリアとなり、全国のカバー率は自動車保有台数で約67%、運転免許保有者では約71%にまで拡大することとなる。

VICSは渋滞や事故、工事、所要時間など、刻々と変化する道路交通情報をリアルタイムにドライバーに提供するというもので、道路交通の円滑化と安全性の向上、環境の改善など、今注目の具現化されたITS機能のトップバッターとして期待されている。

VICSセンターでは、1996年4月より首都圏と東名・名神高速道路でのサービス開始を皮切りに、全国の高速道路および21都道(地区)府県でサービスを実施してきた。すでに一般道における光ビーコンのサービスだけを提供中のところも数多くあり、今後2003年頃までには全国の主要都市でサービス提供が実現する予定となっている。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品