古い工場よさらば。スバルは整備工場新設に500億円を投入! | レスポンス(Response.jp)

古い工場よさらば。スバルは整備工場新設に500億円を投入!

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業は4日、スバル系列の自動車販売会社の整備サービス体制を強化していくと発表した。2005年までに500億円規模の費用を投入し、老朽化が進んだディーラーの一新を進める。

スバル系列の販売会社は全国に57系列あるが、その販売会社に併設された老朽化の進んだ整備工場をリストアップし、順次建て替えを行っていく。また、従来は軽自動車が主力だったディーラー工場についても、普通車の『レガシィ』や『インプレッサ』に対応した大型の設備に切り替え、整備分野でのユーザーの囲いこみを狙う。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品