【CART第11戦 決勝】今シーズン初めての500マイルレースは大混戦 | レスポンス(Response.jp)

【CART第11戦 決勝】今シーズン初めての500マイルレースは大混戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2000年CARTシリーズもいよいよ後半戦となる、第11戦「Michigan 500」が、ミシガン州ブルックリンのミシガン・スピードウェイにおいて開催された。快晴となった決勝は7月23日午後1時50分にグリーンフラッグ。5万5000人の観衆に見守れらながら今シーズン初めての500マイル(約800km)レースがスタートした。オープニングラップから激しく順位が入れ替わり、52回ものトップ交代という展開となった。

終盤に近づきエリオ・カストロネベスがトップ争いを展開、ポール・トレイシーも2位まで挽回して、ホンダ・ターボV8勢の1-2体制が形成され、このまま独走かと思われた。ところが222周目のイエローコーションでピットに入り、タイヤ交換をしたのが裏目に出て、若干のアンダーステア傾向に陥ってしまう。これでトップグループのペースで走ることが難しくなってしまった。混戦を制したのはフアン・モントーヤ(トヨタ)だった。

今回が初めての500マイルレースとなる中野信治は19番手からスタート、104周目にトラブルが発生しリタイヤに終わった。「スタートしたときはセッティングが合ってないようで、ピットストップした時にダウンフォースをもっと得られるようにセッティングを変えた。これでかなり良くなり、さあこれからという時にリアアクスルが壊れてしまった」

レースリザルト
1:フアン・モントーヤ(トヨタ)
2:マイケル・アンドレッティ(フォード・コスワース)
3:ダリオ・フランキッティ(ホンダ)
4:パトリック・カーペンティア(フォード・コスワース)
5:エリオ・カストロネベス(ホンダ)
6:エイドリアン・フェルナンデス(フォード・コスワース)

ドライバーズ・ポイントランキング
1:マイケル・アンドレッティ 104
2:ロベルト・モレノ 90
3:ポール・トレイシー 80
4:ジル・ドフェラン 75
5:フアン・モントーヤ 74
6:エイドリアン・フェルナンデス 69

マニュファクチャラーズ・ポイントランキング
1:フォード・コスワース 194
2:ホンダ 169
3:トヨタ 165
4:メルセデス・ベンツ 46
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品