【ホンダF1ストーキング】エディ・ジョーダン「前向きに行こう!」 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】エディ・ジョーダン「前向きに行こう!」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ジョーダン無限ホンダは、ヤルノ・トゥルーリが5番手という絶好のスタートポジションを得て、決勝に期待がかかったが、スタート直後のアクシデントに巻き込まれ、リタイヤを余儀なくされた。

「今日のジョーダンは運がなかったね」とヤルノ。「何が起こったか本当に分からないんだ。僕が見たのは、バリケロ(フェラーリ)が急ブレーキをかけて、気が付いたら周りを囲まれていたことさ。コーナー内側に逃げたんだけどミハエルのフェラーリにぶつかってしまった」

いっぽうハインツハラルド・フレンツェンは、混乱をたくみにかわして15番手スタートから7位に順位を上げた。が、オイル冷却系部品が破損、もれたオイルがエンジンにかかって発火、ついでタイアに燃え移ってマシンがスピンし5周目にリタイアとなった。「最初はクラッシュした事故車の破片にヒットしたのかと思った。コースアウトして後ろを見たら路面にオイルを流していたというわけさ!」とハインツハラルド。

エディ・ジョーダンは、今回のアクシデントは忘れて次のドイツGPに集中したい、という。「これがレースというものだ。次のレースに気持ちを切り替えよう。得点のチャンスだったから確かにがっかりだよ。でも2週間後のレースでもっと良い結果を目指そうじゃないか」
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品