ウイリアムズの石鹸箱は最高速度120km/hで走る | レスポンス(Response.jp)

ウイリアムズの石鹸箱は最高速度120km/hで走る

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

イギリスの有力チューナー、プロドライブやF1チームのウイリアムズがダウンヒルに挑戦した。6月23〜25日に、イギリスで開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのプログラム、ソープボックス・チャレンジでのこと。

伝統的な「ソープボックス」とは子供が木片や自転車の車輪などで組み立てたクルマのことをいう。後ろから押したり坂を自然に下って遊ぶ。クラシックカーのヒルクライム・レースとして有名なグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは、昼食時の余興としてハイテク・ソープボックスが企画された。

そして集まったのがハイテク満載のソープボックスというわけ。カーボンファイバーで車体の軽量化を図り、データロガーを搭載、どのチームもグッドウッドのダウンヒルで最高速記録を狙いに来た。ところが、最初の出走車3台のうち2台がゴール近くのカーブで事故を起こし、ドライバーが気絶するという事態になったため、このソープボックス・レースは中止になってしまった。

中止をとくに悔しがったのはウイリアムズ。彼等はテストで120km/hを出したと言っていたのだが、証明することができなかったからだ。記者はルノーUK製のソープボックスで走ってみたが、最終コーナーで80km/hを超えたのが最高だった。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品