【トリノショー速報 Vol. 12】ほんとうはカッコいい? 悪い? アルファ『147』実物をみた!! | レスポンス(Response.jp)

【トリノショー速報 Vol. 12】ほんとうはカッコいい? 悪い? アルファ『147』実物をみた!!

自動車 ニューモデル モーターショー

ある意味で肩透かしだったのがアルファロメオの新型『147』。フィアット・グル−プからの新型デビューはこれだけ、ショー全体を通じても世界デビューはほかに韓国、現代(ヒョンデー)のミドルクラス・ファミリーカー『ラントラ』があるだけ。

この147も3ドアハッチバックが1台、うす暗い台の上に乗せられているだけで、車内は見せてもらえなかった。発売は10月とすでに発表されている。

展示車両はごく初期の生産車で、仕上げの精度・品質が悪いのかも知れない。照明で見た目をごまかして、車内ははなから見せない。それでもショーに出展したのは、やはりショーを盛り上げようという努力と、イタリアを代表するのは自分だという気概からだろう。

エンジンはガソリンが1.6リットル(105PSと120PS)、2.0リットル(150PS)、ディーゼルが1.9リットルJTD(110PS)。147は、基本的に現行の3ドアハッチバック『145』と5ドアノッチバックセダン『146』の後継車になる。147のシャシーは156からの発展と伝えられる。なお145&146の1.4リットル仕様は、147の発売後もしばらく販売が継続される見込み。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品