【トリノショー速報 Vol. 11】やっぱり次期フェラーリといえばこれ!! ピニンファリーナ『ロッサ』 | レスポンス(Response.jp)

【トリノショー速報 Vol. 11】やっぱり次期フェラーリといえばこれ!! ピニンファリーナ『ロッサ』

自動車 ニューモデル モーターショー

ピニンファリーナが創業70周年を記念して発表したコンセプトカーが『ロッサ』だ。「ロッサ」とは色の「赤」を意味する。ピニンファリ−ナの歴史を振り返るとフェラーリとの縁は切れないとして、フェラーリのシンボルカラーである赤を車名とし、ホディカラ−も赤に塗った。

もちろんメカニズムもフェラーリだ。この2シ−タ−・ロ−ドスターの心臓はフロントに搭載された5.5リットル48バルブ65度V12。すなわちフェラーリ『550マラネロ』のものを搭載し、後輪を駆動する。ホイールベース2500mm、トレッド前1630mm/後1660mmも変わらない。全長は4290mm、全幅は1940mm。

スタイリングのインスピレーションは50年代の競走用スパイダー(当時のフェラーリはすべて競走用で、公道はついでに走っていたようなものだが)と、1989年東京モ−タ−ショ−で発表され世界のデザイン界に一大センセ−ションを巻き起こした自社コンセプトカーの『ミトス』。

しかし「レトロモビル」にはなっていないところがピニンファリーナの実力だ。フェラーリといえども、現代は顧客嗜好は無視できない。しかしロッサは、ピニンファリ−ナが考える純粋なフェラーリ・スタイル、そしてピニンファリーナ・スタイルなのだ。

さきにあげたミトスをはじめ、『ディーノ・ベルリネッタ・スペチァーレ』、『P5』、『512S』、『モドゥーロ』、『ピニン』といった、これまでにピニンファリーナが手がけた、過去のフェラーリ・スタディの傑作に肩を並べる1台が『ロッサ』だ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品