【ローバー売却決定!! Vol. 4】ザ・デイ・アフター---生産拠点はこうなる | レスポンス(Response.jp)

【ローバー売却決定!! Vol. 4】ザ・デイ・アフター---生産拠点はこうなる

自動車 社会 行政

【ローバー売却決定!! Vol. 4】ザ・デイ・アフター---生産拠点はこうなる
  • 【ローバー売却決定!! Vol. 4】ザ・デイ・アフター---生産拠点はこうなる
BMWがローバーの重荷からいかに開放されたがっていたかは、売却先のフェニックスにたいし5億ポンド(約850億円)の融資をしたことから伺える。さらに2億ポンド(約340億円)がアメリカの銀行から融資されると思われる。

またフェニックスは、株式の1/3をロ−バーの労働組合に提供し、将来の技術提携先(おそらく本田技研工業)にも技術移転費用として株式の一部を提供すると言っている。

『25』と『45』の生産は従来通りロングブリッジ工場で継続され、『75』の生産は現在のオックスフォード工場からロングブリッジへ移転される。『MGF』の生産もロングブリッジで続けられるが、「MG」のバッジはファミリーモデルの“スパイス”としても利用される。また近い将来のモデルとしては75のエステ−ト(ワゴン)がやはりロングブリッジで生産される。

『ミニ』ブランドは今後もBMWが維持する。新型ミニはロングブリッジで生産予定だったが、75の生産ラインがロングブリッジへ移った後のスウィンドン工場で生産される。

最後に、ランドロ−バ−部門のフォードへの売却は先の合意通り実施され、価格は2億ポンド(約340億円)。
《》

関連ニュース

特集

おすすめの商品