【ローバー売却分析 Vol. 8】ローバーを救うのはやっぱりホンダだった

自動車 ビジネス 企業動向

BMWがイギリスのローバー事業から撤退するのにともなって生じた混乱について、ホンダは自社のスウィンドン工場で人員募集することによって、収集の一助にしようとしている。

ホンダは120人の技術者、800人の生産ラインスタッフを募集する広告を各誌紙にうった。次期シビックとロゴ後継車の開発・生産に人員が必要なのだ。スウィンドン工場にはすでに300人が働いており、年間15万台のアコードを作っているが、この数字は2002年までに計25万台に拡大する。ホンダの雇用計画は、BMWのローバー売却によりイギリス、ミッドランズ地方で、自動車業界の数万人に失職のおそれがあることから立てられたもの。

1990年代初期、ホンダはローバーを買収する意志があり、その用意もあったのだが、決定寸前にBMWがより好条件を出して買収してしまったといういきさつがある。いっぽう先週の記者会見で、BMWは昨年ローバーは7億ポンド(約120億円)の赤字を出したと発表し、累積赤字は30億ポンド(約5100億円!)に達するという。
《》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品