ポルトガル・ラリーでデビューウィン!! 新型『インプレッサ』 | レスポンス(Response.jp)

ポルトガル・ラリーでデビューウィン!! 新型『インプレッサ』

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

世界ラリー選手権(WRC)第4戦ポルトガル・ラリーが3月16日〜19日にかけて開催され、このポルトガル・ラリーでデビューした2000年仕様ワールドラリーカー『インプレッサ』に乗る、リチャード・.バーンズが優勝した。バーンズはサファリ・ラリーに続き2連勝、ドライバーズ・ポイントでトップに立ち、スバルはマニュファクチャラーズ・ポイントでトップに立った。

2位はプジョー『206』のM.グロンホルム、3位はフォード『フォーカス』のC.サインツ。三菱『ランサー・エボリューション』のT.マキネンは第1レグでリタイアし、1998年オーストラリア・ラリー以来のドライバー選手権トップの座を明け渡した。

バーンズは「思い通りのラインでドライビングができる。こんな“セクシー”なクルマで優勝できて嬉しい」と新型インプレッサを評価する。

[ポルトガル・ラリー最終結果]
1位 R.バーンズ(スバル) 4時間34分00.0
2位 M.グロンホルム(プジョー) +00分06.5
3位 C.サインツ(フォード) +02分09.2
4位 H.ロバンペラ(トヨタ) +03分18.2
5位 F.デルクール(プジョー) +04分06.3

[最終ドライバーズ・ポイント]
1位 R.バーンズ(スバル) 22
2位 T.マキネン(三菱) 16
2位タイ M.グロンホルム(プジョー) 16
4位 C.サインツ(フォード) 13
5位 J.カンクネン(スバル) 11

[最終マニュファクチャラーズ・ポイント]
1位 スバル 35
2位 三菱 20
3位 プジョー 20
4位 フォード 17
5位 セアト 7
《高木啓》

特集

おすすめの商品