【SAEレポ Vol. 4】BMWエンジンはハイブリッド&“by Wire” | レスポンス(Response.jp)

【SAEレポ Vol. 4】BMWエンジンはハイブリッド&“by Wire”

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

吸気・排気のバルブを動かすメカニズムは、クランクシャフトからカムシャフトを回し、カムがバルブを押し下げ、スプリングの力あるいは機械的動作で閉じる、というのが長年使い続けられてきた手法だった。

ところが、数年前から電磁作動メカニズム(ソレノイド)を使ってバルブを直接動かす、というアイデアを試みる例が現れている。これだとバルブ開閉タイミングが固定されず、自由に選べる、つまりバルブタイミング全面可変。そして、バルブ・スプリングを押し縮めて開閉することによる抵抗、フリクション・ロスを劇的に低減できる、といったメリットがある(はずなのだ)。

今回BMWがその実例を持ち込んできた。ベースになっているのは現行の4気筒エンジンだが、バルブ電磁開閉機構(各気筒4バルブ)に加えて、シリンダー内直接燃料噴射、電気モーター・アシスト(ハイブリッド化)などのメカニズムも組み込んである。このほかマニェッティ・マレッリ社もパネル展示のみだが、別の電磁開閉機構を展示していた。
《》

特集

おすすめの商品